〈 診療時間 〉月・火・木・金・土 午前 9:00〜13:00 / 午後 14:30〜18:30 Tel. 086-255-4182

きらり歯科クリニック

DOCTOR

歯周病の話

医科歯科連携で,“全身を診る歯科医”でありたい

口腔内から全身の健康を包括的に診断・治療する歯科医として, 患者様の豊かな生活を生涯守ることを理念に取り組んでいます。 身体の様々な臓器に及ぼす疾患を正しく治療し,口腔・全身を 健康に保つことの喜びを提供してまいります。

きらり歯科クリニック 院長

本郷 昌一 SHOICHI HONGO
歯周病専門医

“全身の健康”を目指す,歯周病専門医としての使命。

歯科選びの基準の一つに,歯周病学会が認定している歯周病専門医が在籍していることが挙げられます。 歯周病専門医は,専門的な知識・技量を指定施設で習得し,厳しい症例審査のプロセスを経て認定される 歯科医師です。私たちは専門医として口腔医学を提供し,患者様の健康を守ることを目指しています。

健康のシグナル

細菌性の感染症である歯周病から,全身の健康のシグナルを診る。

口腔状態の不衛生による歯周組織の悪化は,細菌感染が広がり,口腔内にとどまらずに全身疾患にまで影響を及ぼします。 糖尿病,心筋梗塞,誤嚥性肺炎,肥満,骨粗鬆症など疾患の範囲が広く,全身疾患につながるため, 高い専門性が必要とされます。当院では十分な予防と治療を提案し,健康の質を提供していきます。

クオリティ

豊富な治療の選択肢で,患者様の健康のクオリティを提供。

歯周組織の状態を診て,長期的な健康を維持するために様々な治療の選択肢から最善の方法を提案します。 歯周組織の正常化が健康につながりますので,根管治療や骨(土台)を創る骨造成,インプラント外科手術, 歯周形成外科など提供し,総合的な治療でアプローチして健康のクオリティを提供するようにしています。

きらり歯科クリニック 院長 本郷 昌一

きらり歯科クリニック 院長

博士(歯学)
日本歯周病学会認定歯周病専門医
歯科医師臨床研修指導歯科医

本郷 昌一 SHOICHI HONGO

きらり歯科クリニック院長。岡山大学大学院を修了後,岡山大学病院歯周科で助教として勤務。 大学病院在籍中に博士号と歯周病専門医を取得し,患者様の治療を行うと共に学生や研修医に対する指導を実践。 以後,肥満や糖尿病,動脈硬化などの原因となる歯周病専門医として歯の延命治療に留まらず, 患者様の全身の健康を目指す総合治療を実践し,多くの患者様の健康をサポートする。

【略歴】

2002年
岡山県立倉敷青陵高等学校 卒業
2008年
徳島大学歯学部歯学科 卒業
 
岡山大学病院 研修医 採用
2009年
岡山大学大学院歯周病態学分野 入局
2013年
岡山大学大学院歯周病態学分野 修了(博士号取得)
 
国立療養所 厚生労働技官 採用
2014年
岡山大学病院歯周病態学分野 助教 採用
2015年
岡山大学病院歯周科 病棟医長 就任
2016年
MOMO DENTAL CLINIC 歯科医師 採用

【所属学会】

  1. 岡山大学病院 研修登録医
  2. 日本歯周病学会
  3. 日本口腔インプラント学会
  4. KIS Study Group
  5. MOMO DENTAL CLUB

【資格等】

  1. 博士(歯学)
    『Smad2 による歯肉上皮細胞と細胞外基質の接着促進に関する研究』
  2. 日本歯周病学会 歯周病専門医

【業績】

<受賞歴等>

  1. ・科学研究費(学術研究助成基金助成金,若手研究(B),H27〜28年度)『上皮細胞の接着分子発現解析による侵襲性歯周炎の病態解明』
  2. ・日本歯科保存学会松風優秀ポスター賞(H25)『歯肉上皮において Smad2 は integrin 発現を促進する』
  3. ・日本歯科保存学会ジーシー優秀ポスター賞(H25)『歯根膜線維芽細胞において Smad2 は FGF2 遺伝子発現を促進する』(共著)
  4. ・日本歯周病学会最優秀臨床ポスター賞(H24)『歯周病細菌感染度を評価しながら包括的歯周治療を行った広汎型侵襲性歯周炎患者の一症例』(共著)

<論文等>

  1. ・Smad2 overexpression enhances adhesion of gingival epithelial cells. Hongo S, Yamamoto T, Yamashiro K, Shimoe M, Tomikawa K, Ugawa Y, Kochi S, Ideguchi H, Maeda H, Takashiba S.

    Archives Oral Biology, 2016 Nov;71:46-53.

  2. ・Aggregatibacter actinomycetemcomitans regulates the expression of integrins and reduces cell adhesion via integrin α5 in human gingival epithelial cells. Kochi S, Yamashiro K, Hongo S, Yamamoto T, Ugawa Y, Shimoe M, Kawamura M, Hirata-Yoshihara C, Ideguchi H, Maeda H, Takashiba S.

    Molecular and Cellular Biochemistry, 2017 Dec;436(1-2):39-48.

  3. ・Rho-kinase regulates extracellular matrix-mediated osteogenic differentiation of periodontal ligament cells. Ugawa Y, Yamamoto T, Kawamura M, Yamashiro K, Shimoe M, Tomikawa K, Hongo S, Maeda H, Takashiba S.

    Cell Biology International, 2017 Jun;41(6):651-658.

  4. ・Osteogenic differentiation regulated by Rho-kinase in periodontal ligament cells. Yamamoto T, Ugawa Y, Yamashiro K, Shimoe M, Tomikawa K, Hongo S, Kochi S,Ideguchi H, Maeda H, Takashiba S.

    Differentiation, 2014 Sep-Oct;88(2-3):33-41.

  5. ・Overexpression of Smad2 inhibits proliferation of gingival epithelial cells. Shimoe M, Yamamoto T, Shiomi N, Tomikawa K, Hongo S, Yamashiro K, Yamaguchi T, Maeda H, Takashiba S. Journal of Periodontal Research, 2014 Jun;49(3):290-298.
  6. ・Smad2 decelerates re-epithelialization during gingival wound healing. Tomikawa K, Yamamoto T, Shiomi N, Shimoe M, Hongo S, Yamashiro K, Yamaguchi T, Maeda H, Takashiba S.

    Journal of Dental Research, 2012 Aug;91(8):764-770.

  7. ・細菌感染度を評価しながら包括的歯周治療を行った広汎型侵襲性歯周炎患者の一症例 冨川和哉, 河野隆幸, 山本直史, 岩本義博, 下江正幸, 山口知子, 本郷昌一, 宮本学, 前田博史, 高柴正悟

    日本歯周病学会会誌, 2013;55(4):340-348.

  8. 歯周病~新しい視点から『中年期に見られる歯周病~ストレスと喫煙~』

    山陽新聞, 2015年3月16日

Kirari Dental Clinic.